コラムcolumn

透明性と効率化!税理士事務所へのアウトソーシングがもたらすメリット・デメリット

経理業務は本業の利益には直接かかわりませんが、会社のお金の流れをスムーズかつトラブルなくするためには欠かせない大切な仕事です。

しかし、会社によっては経理担当に十分な人手が足りなかったり、経理担当のスキルが十分に育っていないケースもあります。

そこで今回は、そんな会社に利用をおすすめする「税理士事務所へのアウトソーシング」について解説します。

目次

1.経理のアウトソーシングはどんなところに依頼できる?

一般的に、経理業務のアウトソーシングは、「税理士事務」や「経理業務外注業者」といったところに依頼できます。

また、経理業務の経験がある人材とのマッチングがうまくいけば、人材派遣を利用するのも良いでしょう。

それぞれにメリットやデメリット、得手不得手が異なりますので、どういった業務をどれだけの期間だけ依頼したいのか、そうした部分を考慮して依頼先を決めてください。

2.税理士事務所に依頼するメリット

経理業務のアウトソーシングを税理士事務所に依頼する最大のメリットは「税務申告に必要な業務を依頼できる」という点です。

企業はビジネスで得た利益について申告し、法人税などの税金を納める義務があります。

そのためには税務申告に必要な書類の作成なども必要であり、ビジネスの形態などの条件にもよりますが、複雑な作業が必要になるケースも少なくありません。

 この税務申告の代行業務については、税理士にのみ国から対応が許可されているため、経理業務外注業者に依頼することができません。

税務申告に関わる業務のアウトソーシングは、税理委事務所でないと請け負うことができず、一般業者に依頼する場合はそのうえで税理士に依頼する必要があるため二度手間になります。

3.税理士事務所に依頼するデメリット

税理士事務所に経理業務のアウトソーシングをする際のデメリットですが、「税務申告の業務を請け負っていないところもある」という点です。

税理士事務所の中には企業の経理業務の代行を請け負っているところもありますが、どういった範囲まで担当できるかは事務所ごとに異なります。

そのため、税理士事務所の中には記帳代行などの一部の経理業務だけ請け負って、税務申告などの業務については範囲外としているところもあります。

そのため、依頼したい内容について、依頼予定の税理士事務所が請け負い可能であるかどうかを確認したうえで、依頼についての連絡をしましょう。

4.まとめ

経理業務は健全なビジネス活動において重要で欠かせない業務ではありますが、十分な人手を確保できないと業務がパンクしてしまい、トラブルの原因になります。

中でも税務申告に関わる業務は場合によっては税金関係でトラブルになったりペナルティの原因になる可能性がありますので、税務のプロである税理士事務所に依頼して、税務やその他経理業務のアウトソーシングを利用することを検討してください。

尼崎・西宮・伊丹を中心に、
阪神エリア全域対応可能!
まずはお気軽に
お問い合わせください。